2019年1月20日日曜日

講演会:ダウンロード違法化拡大の論点解説

 2019年1月20日に開催した講演会「ダウンロード違法化拡大の論点解説」にお越し下さった皆様、ありがとうございました。

演題:ダウンロード違法化拡大の論点解説
日時:2019年1月20日(日) 19時~20時30分
場所:あうるすぽっと (東池袋) 会議室B
講師:大屋雄裕さん (法哲学者/慶応大学教授)


内容:
 著作権法の改正に向けて、「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会」の「中間まとめ」が出ました。
 ダウンロード違法化の拡大を始めとする、さらなる著作権の強化と処罰範囲の拡大については、不安の声もあがっています。
 本講演会では、情報法政策にも詳しい法哲学者の大屋雄裕先生(慶応大学教授)をお招きして、今回の著作権法改正問題を法理学の観点から解説して頂きました。

■ レジュメ
■ スライド

主催:コンテンツ文化研究会うぐいすリボン

報道:朝日新聞
 【海賊版利用、「一刀両断」に批判 ネット上のすべて違法化、「議論拙速」】




皆様へのお願い
今後も「表現の自由」のための活動を継続するために、皆様からの寄付を必要としています。クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込、ゆうちょ振替で簡単に決済できます。ぜひ御協力くださいませ。